Mac版TweetDeckの提供を7月1日に終了。「改善とプレビューに注力」

Twitterが、Mac版のTweetDeckを7月1日に終了すると発表しました。Windows版はすでに終了済みなので、残るはウェブ版のみとなります。終了の理由としては、TweetDeckの改善と新しいプレビューテストに注力するためとしています。

TweetDeckは、もともとTweetDeck社が開発していたTwitterクライアントですが、2011年にTwitterに買収され、公式クライアントの1つとなっていました。2013年にはAndroid版やiOS版クライアントの提供を終了し、2015年にはWindows版も終了。むしろ、いままでよくMac版が生き残っていたという状況でしたが、それも終わりになります。

なお、TweetDeckは、昨年から新UIのプレビューを実施中。今後数か月で、プレビューの対象を拡大するとしています。

TweetDeckが改良版のプレビューテストを米国などで開始。今すぐ試してみる方法
TwitterDeckが新デザイン・新機能のプレビューテストを米国、カナダ、オーストラリアで開始しました。 デザインが大きく変わっており、標準版のTwitterクライアントのような雰囲気です。なお、これまで表示できなかった投票やリンク先のカ...

ただ、TweetDeckはサブスクリプションサービスの特典として提供されるとの噂もあり、先行きが不安なところではあります。

TweetDeckが有料化? サブスクTwitter Blueの特典になる可能性
Twitterが、人気クライアント「TweetDeck」の有料化を検討しているようです。TweetDeckは、Twitter公式クライアントの1つ。カラム(列)にメンションやリストなど様々な情報を表示でき、通常のWEBクライアントと比べ一覧...

ガジェットなど好きなことをブログやWEBメディアなどに書いて生きています。ライター仕事は常に募集中

Dream Seedをフォローする
News
スポンサーリンク
Dream Seedをフォローする
タイトルとURLをコピーしました