TweetDeckが改良版のプレビューテストを米国などで開始。今すぐ試してみる方法

慣れかもしれないけど、なんか見づらい

TwitterDeckが新デザイン・新機能のプレビューテストを米国、カナダ、オーストラリアで開始しました。

デザインが大きく変わっており、標準版のTwitterクライアントのような雰囲気です。なお、これまで表示できなかった投票やリンク先のカード表示などにも対応しています。そのほか、特徴的な機能としては、左端にデッキ機能が追加されました。これは、表示するカラムを切り替えられるというもの。「個人」にはホームとプロフィール、メンションなどを表示し、ガジェット関連のリストや検索結果を集めたデッキや、食べ物関連、旅行関連など、複数追加可能です。

そんなプレビュー版ですが、現在一部ユーザー向けにしか提供されていないものの、簡単に利用できる方法が見つかっています。

ChromeでTweetDeckを表示し、DevToolを起動(Windowsの場合、右クリックから検証を選ぶか、Ctrl+Shift+I)し、Consolで「document.cookie = “tweetdeck_version=beta”」と入力して、TweetDeckをリロードするだけ。

標準状態ではホームカラムの幅が広いですが、これは各カラムの設定メニューから変更ができました。

デッキの切替もちゃんと使え、これまで表示するカラムが多くて左右スクロールが必須だったのが、クリックだけで切り替えられるのは便利です。

なお、もとのTweetDeckに戻したい場合は、先のConsolで「 document.cookie = “tweetdeck_version=” 」と入力してリロードします。

意図せぬユーザーの利用なので、急に使えなくなったりする可能性もありますが、どのような改良が検討されているのか一足早く体験したいなら、試してみる価値はありそうです。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。