Oculus Quest 2の接顔パーツ交換を申し込んだら、サードパーティ製品が届きました

標準のスポンジがチクチクして気になる人にはお勧め。眼鏡スペーサーは使えなくなるけどなんとかなります

以前にリコール情報が出ていた、Oculus Quest 2の接顔パーツ。Quest 2自体、あまり利用はしていなかったのですが、たまに装着するとチクチクするので、交換を申し込んでみました。

現在の製品には対応済みのパーツが使われているとのことなので、そのパーツが届くのかと思ったのですが、届いたのはどう見てもサードパーティ製品。

中には、接顔パーツとヘッドホンなどに使われているような合皮製のクッションパーツが2つ入っていました。

▲クッションパーツは、厚みが若干違います

標準の接顔パーツはスポンジと一体になっていますが、交換用のものはクッションパーツと分離式。汚れたら外して選択もできそうです。

▲クッションパーツは合皮製。裏面はマジックテープになっています
▲プラスチックパーツも作りが違います。鼻の部分のカバーも標準装備

なお、製品としては下記のものと同じです。29ドルなので、標準品を送付するよりも安いのでしょうか?

クッションをマジックテープで装着する際、位置決めが思ったよりも難しかったですが、なんとか装着できました。

注意点としては、この交換パーツを使うとメガネスペーサーは利用できなくなります。レンズにメガネが当たってしまう場合には、やや厚みがある方のクッションを利用するようにとのことです。

とりあえず、これがただでもらえるのはラッキーだったかもしれません。なお、上記の製品、2021年3月31日以降は、レンズカバーも付属するとのこと。これから交換を申し込めば、このレンズカバー付きが届くかもしれません。

▲レンズカバー。収納時にレンズに被せておくもの

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。