新型Nature Remo本日発売。テレビのプリセットや照明操作など、直近での機能追加も

従来モデルも安くなっています

赤外線リモコンで操作する家電をスマート化できるNature Remoの新型が、本日発売となりました。

新モデルの価格は1万1980円(税別)。また、従来品(旧モデル)を3020円割引の9980円(税別)、Remo miniを2000円割引の6980円(税別)になる割引キャンペーンも実施されています。

なお、Remoについては、これまでも散々紹介していますが、最近また機能が追加され、ますます便利になっています。

テレビのプリセット登録が可能に

1つ目はテレビのプリセット機能。エアコンと同様に簡単に登録が可能になりました。

Alexaからテレビのチャンネル操作に対応

さらに、Alexaからはこのプリセットを使い、チャンネル変更なども行えるようになっています(Google Homeは非対応)。

発話例
「アレクサ、テレビのチャンネルを4チャンネルに変えて」
「アレクサ、テレビのチャンネルを 日テレに変えて」
「アレクサ、テレビの音量を5下げて」
「アレクサ、テレビをミュートにして」

※関東圏、関西圏の主要テレビ局のみ、テレビ局名でも操作ができるとのことです。

Alexaから照明の調光操作に対応

また、Alexaでは照明の調光が可能になっています。あらかじめボタンを追加しておく必要がありますが、音声操作で暗くしたり明るくしたりできます。

発話例(照明という名前で登録している場合)
「アレクサ、照明を暗くして」
「アレクサ、照明を明るくして」

Google Homeからエアコンのモード変更に対応

Google Homeでのアップデートが寂しいですが、こちらはでは、エアコンのモード変更に対応しました。これまでは、暖房と冷房のみでしたが、自動、送風、ドライへの切替も可能になっています(もちろん、各モードを搭載した機種のみ)。

発話例(エアコンという名前で登録している場合)
「Ok Google、エアコンを自動にして」
「Ok Google、エアコンをドライにして」
「Ok Google、エアコンを送風にして」

back to top