いつもの椅子が高級オフィスチェアっぽくなる「Mini Cute」レビュー。デスクワークの人にはおススメ

窮屈さはなく、程よいホールド感があります

以前に紹介した日本ポステックのウェストパッド「Mini Cute」。クラウドファンディングの事前登録が開始されていますが、一足早くレビュー用に製品を貸していただきました。

先週末から実際に使っているのですが、腰回りが非常に楽です。

Mini Cuteは、いわゆるランバーサポートと呼ばれる製品の一種。通常、後付けのランバーサポートはクッション状のものが多いのですが、Mini Cuteは背中回り、肩甲骨のやや下あたりまでサポートしてくれるのが特徴です。

サポートは左右に分かれているので、寄り掛かったとき沈み込み、左右から包み込むような感じになってくれます。この沈み込み具合は向かって左側(座ったときに右側)にあるエアポンプを使って調節が可能です。

▲手動のポンプ。ポンプ上部のボタンを押すとエアーが抜けます

▲エアーが入っていない状態。座り心地は全体に包まれるような感じ

▲エアーで膨らませた状態。殆ど沈み込まず、腰部分に固めのクッションが当たっているような感じ

一見すると窮屈そうなイメージもありますが、腰と背中が支えられているだけで、窮屈さは感じません。実際、サポート部分はスプリングで本体(エアーが入る部分)と接続されており、それなりに稼働します。

また、上下位置はねじ止めになりますが、調節が可能です。

▲カバーを外すと調整用のネジが出てきます。ちなみにメッシュカバーは背中にあたる部分も含め、取り外して洗濯できます

使っている椅子の背もたれが柔らくて、クッションを挟んでいるとか、座っている時間が長くて腰が痛いという人には特におすすめできるアイテムです。デスクチェアだけではなく、クルマでの使用もありかもしれません。

12月中旬からクラウドファンディングのMakuakeでプロジェクトが開始されますが、現在、事前登録を受け付け中です。10万円近くする高級チェアの購入を検討している人も、少しだけ待ってみる価値はありそうです。

back to top