iPhoneとApple Watch両対応したMagSafe対応モバイルバッテリーがクラファン中

Apple Watch用の充電台を持ち歩く必要がないのは良さそう

CIOが、iPhoneとApple Watch、両方のワイヤレス充電に対応したMagSafe対応モバイルバッテリー「CIO-MB20W-5000-MAS」の先行予約販売をMakuakeで開始しました。

CIOはこれまでも、MagSafeに対応したモバイルバッテリーをリリースしていましたが、それと比べても縦方向に約1.5cm小型化しています。

また、これまでの充電器・充電台では、iPhoneとApple Watchは別々に充電するのが当たり前でしたが、CIOの新製品には、1つのパッドに2つのコイルを内蔵しており、iPhoneとApple Watchを同じ場所で充電可能となっています(同時に充電できるわけではありません)。

モバイルバッテリーとしての性能は、容量5000mAhで有線ではPD 20Wに対応。ワイヤレスや最大出力10W。ワイヤレスと有線の両方を同時使い、最大30W出力にも対応します。

背面にはスタンドも備えており、iPhoneに装着したまま立てかけることが可能です。

現在の最低価格は4480円から。9月末までに出荷の予定となっています。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。