XiaomiとIKEAが提携を発表。IKEAのスマート照明製品をXiaomiのIoTプラットフォームがサポート

ちょっと意外な提携でした

中国のXiaomiとスウェーデンのIKEAは11月28日、パートナーシップを提携したと発表しました。12月より、IKEAのスマート照明製品がXiaomiのIoTプラットフォームに接続されるとのことです。

IKEAには、Google HomeやAlexaなどから操作できるスマート照明TRÅDFRI(トロードフリ)がありますが、これがXiaomiのAIアシスタントとスマートフォンアプリ Mi Homeに対応するようです。

なお、TRÅDFRI自体は日本でも発売されていますが、スマートフォンやスマートスピーカーと接続するためのゲートウェイが未発売です。ただし、Philips Hueのブリッジと互換があるので、Hueのブリッジを使ってTRÅDFRIをスマートスピーカーから操作することは可能です。

それにしても、XiaomiとIKEAの提携はやや意外でした。Xiaomiは欧州への進出を強めており、今回の提携はその一環でしょうか。IKEAとしては、すでにAlexa、Googleアシスタントに対応しているので、ついでにXiaomiもという感じかもしれません。

(via PhoneArena)

back to top