Galaxy Watch Active2のECGとBP機能をGalaxy以外のスマホで使ってみる

これでやりたいことは全部出来た気がする

リージョン変更をして、心電図機能(ECG)と血圧測定(BP)が出来るようになった我が家のGalaxy Watch Active2。しかし、ペアリング先がGalaxy端末でないとこれらの機能が利用出来ないという弱点がありました。

普段はAndroidのメイン端末としてGalaxy Z Flod2を使ってはいるのですが、おサイフ代わりに持ち歩いているのはiPhone 12 mini。残念ながら、いまのところiPhoneでECGやBPを利用する方法は無さそうですが、他のAndroidであれば対応は可能。ということで、おサイフ代わりの端末をPixel 5に変更することにして、こちらでECGとBPを利用出来るようにしてみました。

といって、方法はすでに確立されており、その手順に従うのみ。ECGとBPのスマートウォッチ向けアプリに自分で署名をしてSideloadするという方法です。以下のフォーラムで紹介されている方法は、手順が事細かに説明されており、迷うことはないはず。

ただ、ここでダウンロード出来るBPアプリ(bp.tpk)は署名は出来るものの、インストールが出来ませんでした。代わりに、こちらのスレッドで紹介されているファイルをダウンロードして利用したところ、インストール可能でした。

なお、上記の方法を行うにしても、リージョン変更は必須ではないかと思います。アプリがスマートウォッチのリージョンを見ているっぽいので、日本版のままだとインストールはできても利用はできないはず(試してはいません)。

とりあえず、これでGalaxy以外でも利用可能になったので、使う端末で悩むこともなくなりそうです。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。