Facebookが独自スマートウォッチを開発中の噂。早ければ2022年にリリース

ChaCha、今のスペックで出してくれないかなぁ

Facebookが、メッセージングやフィットネスに焦点をあてた自社製スマートウォッチを開発しているとの噂が伝えられています。早ければ2022年にもリリースの予定です。

The Infromationによると、Facebookはスマートウォッチ市場をスマートフォンに続くコンピューティングプラットフォームと見なしているとのこと。Facebookの持つメッセージングプラットフォームが組み込まれており、セルラー接続をサポートし、スマートフォンがなくても動作するものになるようです。

また、フィットネス分野では、Pelotonなどの既存サービスとの連携も行われるとのこと。OSはAndroidということで、スマートウォッチというよりも小さなAndroidスマートフォンといったものかもしれません。ただ、独自OS版にも取り組んでおり、こちらは早くても2023年になるとのこと。

Facebookのハードウェアといえば、現在でこそOculusが成功していますが、10年前にはスマートフォンにも進出していました。

大ヒットとは言わないまでも、そこそこ売れたのではと思いますが(ただし、Facebookに関係なく、ではありますが)、HTCという当時は非常に競争力が高い企業の協力があってのこと。独自に開発したスマートウォッチがどのようなものになるのか、楽しみなところです。

via: XDA-Developers
source: The Inmformation

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。