Anker、GaN採用の第2世代製品Anker Nano II 30W/65Wを発売

どんどん小さくなりますね

Ankerが、GaN(窒化ガリウム)搭載USB充電器の第2世代となるAnker Nano II 30Wおよび65Wを発売しました。価格は30Wが2990円、65Wが3990円。なお、65Wについては7月27日発売予定です。

第2世代となるAnker Nano IIは、5月に45Wが先行して発売されましたが、これで30W、45W、65Wちラインアップを揃えたことになります。

Anker Nano II 30Wのサイズは約38×32×30mm(プラグ含まず)でプラグは固定式。65Wは約44×42×36mmで、こちらはプラグが折りたたみ式です。30W、65Wとも、一般的な同容量の充電器とくらべ、約60%のコンパクト化を果たしているとのこと。

なお、出力は下記の通り。

  • 65W: 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=2.0A / 20.0V=3.25A (最大65W)
  • 30W: 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=2.0A / 20.0V=1.5A (最大 30W)、PPS出力: 3.3-11.0V=3.0A / 3.3-16.0V=2.0A (最大30W)
  • 45W: 5.0V=3.0A /9.0V=3.0A /15.0V=3.0A /20.0V=2.25A (最大45W)、PPS出力: 3.3V-16.0V=3.0A / 3.3V-21.0V=2.25A (最大45W)

65WのみPPSに非対応となっているようなので、Galaxy系スマートフォンを急速充電したい場合には注意が必要かもしれません。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。