カテゴリ:モバイル

Google、Androidアプリを消さずに容量節約する「アーカイブ機能」発表

削除はしたくないけど、たまにしか使わないアプリとかにいいかも

Googleは3月8日、Androidのストレージを最大60%節約できるアーカイブ機能に取り組んでいると発表しました。

スマートフォンのストレージが残り少なくなってきた場合、頻繁には使わないアプリをとりあえず削除するというのはよく行われていること。そこでアーカイブ機能を利用すると、アプリをすべて削除するのではなく、データはローカルに保持したままアプリの一部を削除。ストレージの空き容量を確保できるとのこと。そのアプリが必要になった場合には、最新版をインストールすればデータを保持したまま利用を再開できます。

この機能、Android 12で追加されたApp Bundlesを拡張して追加されるもの。App Bundleでは、ゲームなどで最初に最低限必要な部分のみをダウンロードし、残りは起動してからバックグラウンドでダウンロードすることが可能。プレイまでの待ち時間を減らす仕組みですが、これを利用すれば、逆に必須の部分のみ残して、残りは削除できるということのようです。

利用するには、archived APKと呼ぶ新しいパッケージ方式を採用する必要がありますが、開発者は間もなくこの形式が利用可能になるとのこと。ただし、一般に利用可能になるのは、今年後半まで待つ必要があります。

Source: Android Developers Blog