Xiaomi、数m離れた場所でもワイヤレス充電可能なMi Air Charge Technologyを発表

実用化されるのはいつの日か

Xiaomiは1月29日、数m離れた場所でもワイヤレス充電を行えるリモート充電テクノロジー「Mi Air Charge Technology 」を発表しました。

空間充電は以前からいろいろと発表されていましたが、家庭で実用出来る物はこれまで登場はしていませんでした。

Xiaomiが発表したMi Air Charge Technologyは、ミリ波を使って電力を送信。送電機側には144個のアンテナを内蔵し、ビームフォーミングでスマートフォンに直接電力を送信します。一方、スマートフォン側にも専用の受信機が必要で、こちらは14本のアンテナを内蔵するとのこと。

半径数m以内の複数デバイスに対して、最大5Wの給電が可能。物理的な障害物による充電効率の低下もないとしています。

スマートフォンに限らず、スマートウォッチやスピーカー、照明なども充電できるようになり、将来的に、リビングに1台置いておけば、これらがいつでも充電された状態になるというのも夢ではないかもしれません。

とはいえ、現状ではまだ商用化のスケジュールなどはなく、あくまでも技術デモの域を出ていないように感じます。人体への影響も含め、気になることもありますが、こうした未来が早く訪れてくれるのを期待したいところです。

source: Xiaomi

カテゴリ:モバイル