文脈解析で関連記事やタグも提案。トリニティがWordPressプラグイン「FUTURA」を発表

なにやら凄そうだけど、テーマをいじりまくっているので使えるかどうか……

スマートフォンのアクセサリーでおなじみのトリニティが、Wordpressのプラグイン「FUTURA(フーツラ)」を発表しました。

なんでトリニティがWordpressプラグイン?と思ったのですが、ハードウェアからソフトウェア分野へのチャレンジ、そして自社サイトを長年運営していく中での解決したい問題などに対応した結果のようです。

FUTURAの特徴は、AI(文脈解析)を利用した関連記事やタグの提案、サイト内検索となっています。表記揺れにも対応でき、かつ単純に単語でのマッチを行うのではなく、文章(記事)の内容を解析して検索や関連記事の提案を行うとのことです。例えば、「Apple」という単語で検索した場合、単純にAppleという語を含むだけの記事は除外し、Appleに関連した記事のみを抽出できるとのこと。

なにやら凄そうではありますが、実際に使ってみないとよくわからないというのが、ブログ運営者の本音でしょう。FUTURAは月額1980円の有料サービスとなりますが、4月27日からベータテスターの受付を開始し、正式リリースは6月1日の予定。ベータテスト中は無料で使えるとのことなので、この機会に試してみるといいかもしれません。

カテゴリ:モバイル