新生Withings、復活第1弾の「Steel HR Sport」発売。2万7950円

見た目はかなり好き、これは気になる

2016年にNokiaに買収されブランド消滅。しかし2018年6月にWithingsの共同設立者エリック・カレル氏が再び買収したWithings。そのブランド復活が発表されるとともに、新製品「Steel HR Sport」が発表されました。

ちょっとスポーティーな雰囲気になったSteel HRといった趣ですが、40mmのステンレスケースに5気圧防水、最大25日間のバッテリー持ちなど基本仕様はSteel HRと同等です。

違いとしてあるのが、GPSに対応したこと。といってもGPS内蔵ではなく、スマートフォンのGPSを利用するコネクテッドGPS対応です。スマートフォンも一緒に持ち歩く必要はありますが、うーキングやランニングなどのコース、高低差なども記録可能になります。

もう一つの違いは心拍測定がVO2MAXも計測可能になった点。トレーニングをする人だと、これを気にする人も多いみたいですね。

その他、対応するアクティビティが30以上になったりといった変更点もあります。

すでにAmazonでは販売開始されており、価格は2万7950円。いわゆるスマートウォッチとはちょっと違いますが、各種アクティビティを計測でき、心拍や睡眠も測定可能。スマートフォンからの通知も小さいデジタル画面に表示できます。地図を見たりは出来ませんが、これで十分という人も多そうです。

(source Wihings)

back to top