Insider向けWin10 Build 18963配信開始。GPU温度がタスクマネージャーで確認可能に

メモ帳も微更新があったようです

Microsoftは8月16日(現地時間)、Windows Insider向けに、Windows 10 Insider Preview Build 18963(20H1)の配信をFast Ringで開始しました。

本ビルドでの主な変更点としては、タスクマネージャーでGPU温度が確認可能となりました。専用GPUカードを装着している場合に限りますが、ゲームやVRをやる人にとっては、パフォーマンスの目安として有用なのかもしれません。

そのほかの変更点として、仮想デスクトップに名称がつけられるようになりました。これまでは、「デスクトップ1」「デスクトップ2」という名称でしたが、絵文字を含め、好きに名前を付けられるようになります。

そのほか、設定画面で、複数選択が可能になったり、マウス設定の画面で、カーソルの移動速度が設定可能になっています(これまでは「その他のマウスオプション」を開く必要がありました)。

また、メモ帳も更新され、終了時に未保存コンテンツがある場合はその旨表示されるなど、細かな調整が加えられたとのこと。なお、このビルドから、今後のメモ帳の更新はMicrosoftストア経由で行われるとのことです。

(via Venture Beat)
(source Microsoft)

back to top