wena wristがMAMORIOに対応。ソフトウェアアップデートでMAMORIO機能を追加

どっかに置き忘れることは少なそうだけども

ソニーのハイブリッドスマートウォッチ「wena wrist pro」「wena wrist active」に紛失防止タグMAMORIOの機能が追加されたと発表されています。

ハードウェア的にMAMORIOを組み込んだのではなく、既存のBLE(Bluetooth Low Energy)対応デバイスをMAMORIOとして動作させる「MAMORIO Inside」初の事例とのこと。wenaアプリのアップデートで利用可能になるとのことなので、ソフトウェア的な対応のみのようです。

wena wrist側からMAMORIOとしての識別子なりなんなりを発信するのでしょうが、結構、応用範囲が広そうな技術ですね。

FUDAなどを張り付けなくてもデバイス自信がMAMORIOとして振舞ってくれるなら、いろいろ手間が省けます。もちろん、バッテリが持つ限りという制約はありますが。

(source PRTimes(1), (2))

back to top