USB-CになったBTスピーカ「Anker SoundCore 3」発売。出力も16Wにアップデート

これも人気が出そうです

Ankerは12月10日、ベストセラーとなったBluetoothスピーカー「Anker SoundCore 2」の後継モデルとなる「Anker SoundCore 3」を発売しました。発売を記念し、1000大限定で20%オフの4790円で販売中です。

SoundCore 2からの変更点としては、ドライバー出力が12W(6Wx2)から16W(8Wx2)に強化。それとともに、低音から高音まですべての音域で高音質を追求したとのこと。また、充電ポートもUSB Type-Cを採用します。

IPX7の防水性能や、連続再生24時間のバッテリー持ちなどはそのままですが、あらたにスマホアプリに対応し、イコライザー設定や、複数のSoundcore 3とペアリングして大音量サウンドを実現できるPartyCast機能も搭載します。

USB-Cになったのはうれしいところ。これも大人気モデルとなりそうです。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。