Twitter、まもなくセキュリティーキーのみを2要素認証オプションに設定可能に(修正)

モバイル版は12月にセキュリティキーに対応していました

Twitterは3月16日、2要素認証のログイン時に使用するセキュリティーについて、複数のセキュリティキーに対応したと発表しました。

モバイル版のTwitterアプリも対応しているようで、これにより、デスクトップで使うUSB-Aタイプやモバイル用のUSB-CあるいはNFCタイプなど、複数のセキュリティキーを用途に応じて使い分けることが可能になります。

なお、現状ではセキュリティキーを設定する場合、代替えのオプションとしてSMSあるいは認証アプリも同時に設定する必要がりますが、まもなく、セキュリティキーのみを登録可能になるとのことです。

セキュリティキーを設定していても、代替えオプションがあるとセキュリティキーが手元にない状態でもログインできてしまうため、この設定により、これまで以上にセキュリティ性はあがりそうです。

セキュリティキーを紛失した場合、自身でもログインできなくなるので注意が必要ですが、複数のキーを登録することで、そのリスクも回避できるかもしれません。

※初掲時、パスワード不要でログインできるようになると書きましたが、解釈が間違っていたようなので、内容を修正しました。

Source: Twitter via Android Police

カテゴリ:モバイル