トラの顔をしたイヤホン「Tiger&Rose」ミニレビュー。Makuakeで先行販売中

見かけ倒しではなく、意外にも(失礼!)ちゃんとしたイヤホンでした

米国のスタートアップTiger&Roseが、同名の完全ワイヤレスイヤホン「Tiger&Rose」の先行予約販売をMakuakeで開始しました。

このTiger&Roseは、2019年末にIndiegogoでクラウドファンディングを実施していたもの。なんと言ってもトラの顔を模したイヤホンユニットのデザインが特徴的ですが、グラフェン振動板を採用した10mmドライバやBluetooth 5.0対応など基本仕様も押さえた、「ちゃんとした」イヤホンです。

そんなTiger&Roseが手元にあるので、さっそく試してみました。ちなみに、なぜ手元にあるのか、正直なところわかりません。存在自体は以前から知っており、メッセンジャーでやりとりをしたような記憶もうっすらあるのですが、ログなども確認できず・・・・・・。ということで、心当たりがあるかたは連絡を貰えると助かります。

そんなわけで、パッケージを開封すると2匹のトラがお出迎え。

トラと言うよりヒョウっぽい気もしますが、色のせいでしょうか。創業者のAmanda氏が、旅行先のアフリカでトラがぶら下がっているトーテムに魅了され、帰国後に開発をスタートしたものだそうです。

付属品は、イヤホン本体のほか、充電ケースとUSB-Cケーブル、S/M/Lのイヤピース。

イヤピースはイヤウィングが付いたタイプですが、このまま充電ケースに収納が可能です。

イヤホンは、眼の部分がステータスLEDになっており、電源ON時などに光ります。また、眉間部分がタッチセンサーになっており、シングルタップで再生・停止、ダブルタップで曲送りなどの操作が可能。長押しでGoogleアシスタントも起動できます。

装着した姿はなかなかのインパクト。人とは違うイヤホンを求めているならぴったりでしょう。

ちなみに、見た目だけではなく音もしっかりしていました。

対応コーデックはSBCとAACでaptXには非対応。全体にやや音が軽い印象はあるものの、中~高音は非常に伸びやかです。ただし、音量がとても大きく、スマートフォンの操作でかなり小さめにしないとなりませんでした。また、ちょっと音量を上げるだけで音がとても大きくなり、ちょうどいい音量を探すのが難しいです。

普段から大きめの音で聴く人には、関係ないのかもしれませんが・・・・・・。

バッテリーは単体使用で約4.5時間、充電ケースを併用すると+20時間。片側のみでモノラル使用も可能です。なお、充電ケースはUSB-Cでの有線充電のほか、ワイヤレス充電にも対応しています。

Makuakeでの価格は1万300円から。カラーはブラックとローズゴールドがラインナップされています。

カテゴリ:モバイルアクセサリ