Snapdragon 865 Plus 5Gプラットフォーム発表。ROG Phone 3に搭載

これからも+付きが出てくるんでしょうかね。正直分かりづらいのだけども

Qualcommは7月8日(現地時間)、モバイル向けの新プラットフォーム「Snapdragon 865 Plus 5G」を発表しました。2020年後半に各社のフラグシップ端末で採用される予定です。

名前から分かるとおり、Snapdragon 865 Plusは865の後継となりますが、基本的なアーキテクチャはそのままです。ただし、CPUの速度は10%アップの3.1GHzに。同様のGPUも10%高速化しているとのこと。

他の部分では、Wi-FiやBluetoothなどを司るQualcomm FastConnect が6900にアップグレード。Wi-Fi 6EをサポートするほかBluetooth 5.2に対応します。

一方で、5Gには対応しているものの、従来通り5Gモデムは非搭載。別途X55 5Gモデムを搭載する必要があります。

Snapdragon 865シリーズは、リフレッシュレート144Hzのサポートや、更新可能なGPUドライバー、デスクトップフォワードレンダリングなど、ゲーミング機能に力を入れていました。CPUとGPUの速度向上により、それgはさらに強化された形です。

なお、Snapdraogn 865+(Plusなのか+なのか、公式でも表記が入り乱れてる……)は、ASUSとLenovoが最初に搭載機を発表予定。ASUSは7月12日に発表予定のROG Phone 3に採用し、Lenovoは、7月22日発表予定のLegion Phoneに搭載します。

source: Qualcomm(1),(2)

カテゴリ:モバイル