指を耳にあてて通話ができるスマートバンド「SGNL」ミニレビュー

普通のヘッドセットのほうが使いやすい……

Samsungの社内ベンチャーから生まれたSGNL、昨年届いていたのですが、そのまま放置していました。せっかくなので、メルカリにでも出そうかと思い、その前にちょっと試してみたのでレビューを書くことにしました。一言でいうと、物好きな人以外、手を出してはいけない気がします。

SGNLは、スマートフォンとペアリングしたベルトにあるスピーカーユニット(Body Conduction Unit)が振動し、その振動を耳に当てた指を伝い、音を聴けるというもの。マイクも内蔵しており、ヘッドセットの代わり指に耳をあてて通話が行えます。

Kickstarterでは2017年2月に出荷予定でしたが、2018年10月にようやく届きました。

見た目はゴツイ金属製の時計ベルトといったところ。

市販の時計やスマートウォッチのベルトとしても利用でき、18/20/22/24mm用のアタッチメントが付属します(22mmが初期装着サイズ)。Apple Watch用のアタッチメント(42mm用)も付属していました。

▲時計を接続する部分。デフォルトはただの板

手首側にスイッチやLED、マイク穴が集まっています。

内側に充電端子と手首にあたり、振動するスピーカーがあります。

充電は専用のアダプタを利用するタイプ。これを無くすと充電できなくなるので、microUSBとかの汎用型にしてほしいところ。

SGNLのロゴがある部分を上に引っ張るとベルトが外れるので、腕に装着できます。

少し重いかなと思ったのですが、実際にはそれほど気にはなりませんでした。WSD-F20とか使っている人なら、むしろ軽いと感じるかも。

肝心の使い方ですが、難しいことはありません。専用アプリでペアリング後は、電話がかかってきたら、他のヘッドセットと同じくボタン(あるいはスマホ)で応答して、指を耳にあてれば通話が行えます。なお、通話だけでなく、音楽を聴くこともできます。指を耳にあてっぱなしにしないといけませんが。

その専用アプリはAndroidとiOS用がリリーズ済み。

Sgnl
Sgnl
開発元:Innomdle Laboratory
無料
posted withアプリーチ

歩数なども計測でき、アプリ上で確認できます。

実際に通話を試してみましたが、確かに指を伝わって音が聞こえます。ちょっと音が小さめな印象ですが、結構クリアな音声です。

しかし、手首のスピーカーからも音がダダ洩れます……。それほど大きな音ではないので、注意しないと聞こえないですが、静かな環境では気になるでしょう。これだったら、手首を耳に当てて通話してもいいのではないかという気もします。

アプリとの接続も不安定なところがあり、はっきり言ってしまうと、実用には耐えないという印象です。コンセプトは面白いんですけどね……。

back to top