低音強化、バッテリー持ちも良くなったShokzの骨伝導イヤホン「OpenRun Pro」海外発表

スポーツ向けではあるけれど、普段使いにどうなんだろう?

骨伝導イヤホン大手のShokz(旧称Aftershokz、12月末にブランド名称を変更)が、最新の骨伝導イヤホンOpenRun Proを海外発表しました。米国では179.95ドルですでに発売されています。

日本でも販売され、高い評価を得ているShokzの骨伝導イヤホンですが、最新モデルとなるOpenRun Proでは、第9世代となる骨伝導技術を搭載。2つの低音エンハンサーを追加しており、これまで骨伝導イヤホンの弱点でもあった低音を強化しています。

また、バッテリー持ちも10時間にアップしたほか、5分の充電で1.5時間の利用が可能な急速充電も備えています。

防水防塵に関しては、従来機AeropexのIP67からIP55へと変更されていますが、装着したまま水泳をするような機種ではなく、雨や汗などには十分な性能でしょう。

おそらく日本でも発売されると思いますが、既存モデルの評価が高いだけに、その使い心地が気になるところです。

追記:日本では1月10日から受付(予約?)を開始するとのこと。価格は2万3880円です。

ところで、その既存モデルとなるAeropexは、ブランド名変更に伴いOpenRunに名称変更されています。日本ではまだ変更されていないようですが、今後徐々に変わっていくのでしょう。そんな Aeropexは、Amazon初売りで25%オフのセール中です。

Aftershokz
¥14,998 (2022/01/05 15:40時点 | Amazon調べ)

Source: Shokz