povo 2.0のeSIMをiPad mini 6で使ってみる。APNプロファイルのインストールが必要なので注意

いまのところ、トッピングつけてもそれなりに速いみたい

auの新ブランドpovoがリニューアルしたpovo 2.0が、9月29日から始まりました。午前中は申し込みが殺到していたようですが、午後には比較的落ち着いたようで、問題なく申し込みができました。

基本使用料0円。他にトッピング等で有料通信をしないと180日で解約となる可能性もありますが、物は試しということでeSIMを申し込んでみました。

契約手順などは割愛しますが、povo 2.0のeSIMをiPad mini 6で利用する場合に、公式の説明とは違う対応が必要だったので、その部分だけ覚書で残しておきます。

もっとも、povo 2.0のサイトでは、iPadはeSIMの対応機種としては挙げられていないので、そもそもがイレギュラーなのかもしれませんが。

▲Apple製品でeSIMに対応するのは、iOS13以上のiPhoneのみ

とりあえずeSIMを契約して、iPad mini 6でそのeSIMを登録するまでは問題なく進むと思います。しかし、そのままでは圏外となり通信ができないはず。

サイトの説明では、iOS15以上ならプロファイルは不要と読めるのですが、少なくともiPad mini 6ではプロファイルのインストールが必要です。プロファイルは、サポートサイトでダウンロードできます。

なお、ここでダウンロードしなくても、iPad miniの「設定 > 一般 > VPNとデバイス管理」を表示すれば、インストールできるようです(私は試していません)。

めでたく通信できるようになった後の速度ですが、トッピングなしだと128kbpsなので、まぁ、遅いです。

アプリのインストールは無理ですが、画像や動画をあきらめれば、Twitterがなんとか更新できるレベル。非常時にはなんとかなるでしょうか。

ただ、povo 2.0は330円で24時間データ使い放題となります。そんなにしょっちゅう外で使うわけではないけれど、必要な時にはがっつり使いたいという場合にはかなり魅力的。

しばらくは、基本0円。外出する日は330円でデータ使い放題という感じで使ってみたいと思います。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。