繰り返し使え、洗浄も楽にできるシート製ストロー「STOROLL」

ストローを噛むクセがある人は、気を付けたほうがいいかも

昨今の環境問題でよく話題にあがる、プラスチックのストロー。この削減のため、ステンレス製などのマイストローを利用する人も増えているようですが、困るのがその洗浄。専用のブラシなどもありますが、意外と手間で面倒です。

その問題を解決したマイストローを光浦醸造が発売しました。シート状のものを筒状に丸めて使うという、その名も「STROLL」。開けばシート状になるので、簡単に洗浄できるのがポイントです。

ということで、さっそく購入してみたので簡単に紹介します。

シート状ということでしたが、実物は思ったよりもペラペラ。気を付けないと簡単に割けてしまいそうな感じです。材質はPETのようなので、そこまで弱くはないのかもしれませんが、「ちょっと腰のあるセロファン」くらいのイメージです。

使い方は簡単で、これを端からくるくると筒状に丸め、ストラップで固定するだけ。固定と言っても穴に2回通すだけなので完全に固定されるわけではありません。

単に丸めているだけなので、太さも自由自在。とはいえ、ストラップの長さもあるので、対応するのは直径6mm~11mmとなっています。

当然ながら、普通に使えました。意外と普通の使い心地です。

なお、製品が入っている台紙は、簡易的な収納ケースになります。内側はちゃんと防水仕様です。

最初、長さ足りなくない?と思ったのですが……

丸めているだけなので、長さは簡単に調整できました。

洗浄時には、広げればストロー内部も綺麗に洗えます。

耐久性にやや心配はありますが、洗浄時だけ気を付ければ大丈夫かもしれません。

丸めているだけなので、固めのもの(硬いシェイクなど)に挿すとつぶれる(縦に縮む)可能性もありますが、普通の飲み物であれば問題はなさそう。簡易ケースではなく、もう少しスマートに持ち運ぶ方法を考えたいところですが、自宅や職場で利用するなら気にすることもないかもしれません。

1つ594円と絶妙な価格設定ですが、ステンレス製ストローと比べれば安上がりな気はします。

STROLLは、小学生の娘さんの夏休みの自由研究から生まれたのだとか。それを見た担任の先生からの「特許を取れるのでは?」との言葉で製品化に至ったそうです(特許は出願中)。

表面に企業ロゴを入れてノベルティに……なんてことも出来そうなので、今後の展開が楽しみな製品です。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。