ミドルクラスの「Pixel 3 Lite(Sargo)」とされる実機画像が流出。Snapdragon 670で3.5mmジャックも搭載

Sargoとは別に、Bonitoという端末もあるようです

GoogleがPixel 3/3XLとは別のミッドレンジのPixel端末を開発しているとの噂は昨年から出続けていますが、その実機とされる端末「Pixel 3 Lite(コードネーム:Sargo)」をロシアメディアROZERKEDが掲載しています。

Pixel 3 XLは発表前から散々と実機を含め情報が流出していましたが、ミドルクラスなPixel 3 Liteもそのパターンになるのでしょうか?

なお、ROZERKEDが実機を入手したわけではなく、匿名の情報元から情報や写真が送られてきたとのこと。なので、信憑性についてはなんとも判断が難しくなっています。

端末は、5.56インチIPSディスプレイで解像度は2220×1080。ノッチがなく、ぱっと見はPixel 3のようにも見えます。筐体はプラスチック製で、上部に3.5mmジャックもあるとのことです。

SoCはSnapdragon 670でRAM 4GB、ストレージ32GB。背面カメラは12MPでフロントは8MP。バッテリー容量は2915mAh。

仕様としては凡庸ではありますが、カメラ機能がPixel 3と同様のAI対応であるなら、面白そうではあります。あとは価格次第ですが、この仕様だと6万円前後といったところでしょうか。

最初に書いた通り、信憑性は不明。ホーム画面を見るとPixelランチャーがPixel 3のものとは違うのが、ちょっと怪しい気もします。ただ、もし本当ならば、今後、他所からも続報が出てくるでしょう。

なお、Pixel 3の廉価版については、今回のSargoとは別に、Bonitoという機種も噂されています。こちらはSnapdragon 710を搭載するようです。

(via GSMArena)
(source ROZERKED)

back to top