持ち運びに最適。PCスタンドになるMOFTキャリーケースをレビュー

出先で使うなら便利。自宅用には別のスタンドを用意した方がいいかも

Makuakeで先行予約が始まったMOFTキャリーケースをレビュー用に提供頂きました。ノートPC用のMOFTは、底面に貼り付けるMOFTのほか、立ち位置でも利用出来る折りたたみスタンドMOFT Zがありましたが、今回の物はキャリーケース一体型となっています。

MOFTキャリーケース

作りはそれなりに単純で、見た目はごく普通にスリーブケース。ちなみにサイズは13インチ、13.3インチ、16インチ用の3サイズあります。

▲フラップはマグネットで貼り付くので、ぶらぶらすることはありません

背面には収縮素材が使われており、マウスやACアダプタなどを収納可能。

スリーブの中が仕切られており、ポケットに物が詰まっていても、ノートPCが出し入れしにくいということはありませんでした。

ただ、ここに物が入っているとスタンドとしては使えません。なので、あまり細々とした物を入れるのには適していません。あくまで、おまけ程度に考えておくのがいいでしょう。

▲内側に仕切り

なお、内側にはカードポケットもあります。PCのキャリーケースにカードを入れて置く必要性はないと思いますが、予備の名刺を入れておくにはいいかもしれません。

折り方により、角度は2種類

スタンドとしての使い方ですが、口部分の折り方で角度を2つに調整できます。

1つめはシンプルに開いたフラップを立てるだけで、角度は15度。

もう1つは、開いた口の両脇を内側に織り込むもの。角度は25度になります。

この折り方、荷重自体は、ほぼ両脇で支えているので中央のフラップ部は立てなくても問題はないようです。

▲中央は立てなくても大丈夫そう
▲15度
▲25度

耐荷重は10Kgとのことですが、試しに5Kgのプレートを3枚載せても問題はありませんでした。キーボードを力一杯打っても、潰れてしまうようなことはなさそうです。

▲5Kgのプレートを3枚載せても大丈夫
▲意外と丈夫です

安定性に問題も

スタンドとしても手軽に使え、耐荷重も申し分はないのですが、やや安定感に欠ける一面もあります。普通に使っている分には大丈夫ですが、左右へのずれに弱いです。

スタンドになるとはいえ、支えているのはスタンド部の上辺のみ。

▲スタンド部の上辺でしか支えていない

面ではなく線で支える構造になっているため、軽い力でも左右にずれてしまいます。

▲真下にかかる力には強いですが、左右には弱いです

不安定というほどではありませんが、気をつけた方が良さそうです。

SINEXと比較

スタンドになるPCケースとしては、一足早くSINEXが世に出ています。こちらは、スリーブケースに折りたたみのスタンドがくっついているという構造。

▲紹介していませんでしたが、GREEN FUNDINGでの出資分が届きました
▲背面に折りたたみスタンドがくっついているイメージ
▲スタンドは初代MOFTのイメージに近いかも

SINEXの特徴は、フラップ部がキーボードレストになる点。また、線で支えるのはMOFTキャリーケースと変わりませんが、パープレストの分、PCの固定部が広いので、左右へのずれ(傾き)には、MOFTよりも強い印象です。

▲フラップ部がそのままパームレストに

ただ、このパームレストになるフラップや、スタンドを背負っている構造上、MOFTキャリーケースよりも厚く、そして重くなっています。

▲MOFT(上)が厚さ7mmに対して、SINEX(下)は18mm

どちらを使うかは好みの問題でもありますが、「出先で使う簡易的なスタンド」として考えるなら、MOFTのほうがシンプルかもしれません。

気軽に持ち運べるPCスタンド

MOFTキャリーケースにしろSINEXにしろ、PCケースと一体化されているので、外に気軽に持ち出せるのがメリットでしょう。反面、自宅やオフィスで利用するなら、MOFT Zなど別のスタンドのほうが向いている気がします。

そんなMOFTキャリーケースは、9月10日までMakuakeでクラウドファンディン実施中です。MOFT製品なのでクラウドファンディング後にも購入は可能になると思いますが、クラウドファンディング中は割引価格で購入できます。

カテゴリ:モバイルアクセサリ