OneMix 2SはGPD WIN2の代わりになる? コントローラーを使えばそれなりに

GPD WIN2より老眼にはやさしい

最近弄り回しているOneMix 2S。先日はSurface Goとベンチマーク結果を比較してみましたが、これだけ動くのならゲームも快適なのでは?ということで、今回はGPD WIN2と比較、ついでにゲームを快適にプレイできるようコントローラーも用意してみました。

ベンチマークの前にGPD WIN2の基本スペックの確認です。ディスプレイは6インチ、CPUやcore m3-7Y30でOneMix 2と同じ。RAM8GB、ストレージ128GB。

ベンチマークの結果は下記。

ベンチマークOneMix 2SOneMix 2GPD WIN2
CINEBENCH R15(OpenGL)32.76fps30.78fps40.51fps
CINEBENCH R15(CPU)227cb158cb247cb
PCMark 10253022452520
3DMark(Time Spy)275261345
3DMark(Fire Strike)698722914
3DMark(Cloud Gate)478346475700
ドラゴンクエストXIベンチマーク
(標準品質/1280×720/ウィンドウ)
5613 快適5589 快適6624 快適
▲左:OneMix 2S、右:GPD WIN2

正直なところ、OneMix 2Sのほうが快適だ、という結果を想像していたのですが、意外なことにGPD WIN2のほうが各種スコアが良い結果に。ディスプレイが一回り小さいのでグラフィックは良くなるかもと思っていたのですが、CINEBENCHのCPUスコアがいいのはなぜだろう?

ストレージについては、GPD WIN2はM2.SSDなので大きな差はないのかと思っていましたが、Readは結構な差が付いていました。

コントローラーを装着してゲームをプレイ

ベンチマークの結果はともかくとして、実際にゲームで利用するとどうなのかということで、コントローラーを用意してみました。

購入したのは「Ipega PG-9083」。Windowsだけではなく、AndroidやNintendo Switchでも使えるコントローラーです。

左右から挟み込む形で、スマートフォンやタブレット、Nintendo Switchなどを固定します。130~280mmまでの端末に使えます。

それをOneMix 2Sに使ってみると下記のような感じに。

タブレットスタイルで固定すると、ちょっぴりゲームデバイスな雰囲気になります。

ちなみに、Bluetoothでの接続はDirect input、USBでの接続はXinputになります。ただ、OneMix 2SのUSBポートは側面なので、装着状態では使えませんけど。

上手く位置を合わせてUSBケーブルを埋め込めれば、OneMix 2/2S専用コントローラーなんかも作れるかもしれません。

▲コントローラーのUSBポートは左コントローラーの手前側に

実際に試してみた感じだと、動作自体はGPD WIN2と大差がない気がします。そして、画面が広いのでそこそこ快適です。

▲GPD WIN2スタイルならゲーム中のチャットも捗る?

back to top