ピーアップ、レーシングスポーツコンセプトの新モデル「Mode1 RR」を約3万円で発売

Pixelと比べても使い勝手ではまけていないとか

モバイルショップ「テルル」を運営するピーアップが、新型スマートフォン「 Mode1 RR(ダブルアール)」を発表しました。7月29日に発売予定。テルルで販売するほか、+Styleでも予約を受け付けています。価格は2万8900円(税別)。

Mode1 RRは、2017年11月に発売されたMode1 RSの後継機種。レーシングスポーツをコンセプトにしたしたデザインは踏襲しており、迫力のレーシングサウンドもプリセットされています。

▲ピーアップ中込社長

画面サイズが6.3インチ(2340 x 1080)にアップしたほか、SoCもMediaTek Helio P22(2GHz x 4 + 1.5GHz x 4)を採用。RAM 4GB、ストレージ64GBと全体的にスペックアップが図られています。

バッテリー容量は3200mAhでワイヤレスチャージにも対応。指紋センサは電源ボタン兼用で側面に配置されています。

▲右側面に電源ボタン兼指紋センサ

DSDVに対応しているのですが、面白いことにSIMの1つがmicroSIM対応です。これは、主に法人向け需要に応えるためだとか。法人の場合、なかなかSIMサイズの変更がしづらいのだそうです。なお、SIMアダプターが同梱されているので、nanoSIM2枚でも利用可能です。

そんなMode 1 RR、レビュー用に実機をお借りしたので、近いうちにレビューをしたいと思います。

(source Mode1+Style)

back to top