Microsoft、Cloud PCサービス「Windows 365」発表。ただし企業向け

月額料金はまだ未発表。個人ユーザーでも使えるようにしてほしい

Microsoftが、以前から噂のあったクラウド PCサービス「Windows 365」を発表しました。クラウドサーバー上でWindowsを動作させ、ネット越しに利用する仮想デスクトップサービスで、8月2日から提供開始となります。

Microsoftはこれまでも、同じく仮想環境のAzure Virtual Desktopを提供していましたが、こちらは使った分だけ費用がかかる従量制サービス。対してWindows 365は月額固定料金になるとのことです。

構成(RAMやストレージ)はカスタマイズが可能で、当然構成により価格は変動します。ちなみに月額料金はまだ発表されていません。なお、Windows 10のほかWindows 11にも対応するとのこと。

ブラウザから利用できるので、ChromebookやAndroid、iPadなどからもWindowsを動作可能となります。月額料金次第ですが、高価なノートPCを持ち歩く必要はなくなるかもしれません。ただし、当然ながらそれなりに速いネット回線が必要となります。

なお、利用するにはAzure Active Directory (Azure AD)のアカウントが必要になるとのこと。これは、一般ユーザーがWindowsのサインインなどで利用するMicrosoft IDとは別のもので、ようするに企業などの組織向けアカウントです。このため、Microsoft 365は一般ユーザー向けには提供されない可能性が高いです。

企業向けで考えると、青天井のAzure Virtual Desktopよりも、1人当たりの費用が算出しやすいWindows 365は歓迎されそうな気はします。

費用次第ですが、個人向けにも開放してくれれば、SamsungのDexからWindowsを利用するなんてことができそうなので、期待したいところです。

Source: Microsoft(1), (2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。