MediaTek、2020年Q3のスマートフォン向けチップシェア世界1位に

5GチップではQualcommがトップ

市場調査会社のCounterPointは12月24日(現地時間)、2020年第3四半期のスマートフォン向けチップ市場において、MediaTekのシェアがQualcommを抜き、世界一位になったと発表しました。

MediaTekといえば、5Gチップもリリースしているものの、エントリー~ミドルクラス端末に採用されているイメージ。実際、第3四半期の躍進も、中国やインドでの100~250ドル付近の端末の売り上げが好調だったことが起因しているようです。HUAWEI(HiSilicon)が米国の規制により、チップの出荷が困難になっているのも、MediaTekの追い風になったと推測されています。そんなMediaTekの市場シェアは31%。Qualcommは29%で2位でした。

(図:CounterPoint)

ちなみに、1位の座を奪われたQualcommですが、5Gスマートフォンに限れば39%でトップシェアを獲得。MediTekも低価格な5Gチップを出していますが、この分野ではまだQualcommに分があるようです。

via: PhoneArena
source: CounterPoint

カテゴリ:モバイル