Lenovo、世界初のフォルダブルPCを披露。ThinkPad X1シリーズで2020年発売予定

今後、こういうのが増えてくるのでしょうかね

Lenovoが、米国で開催中のパートナー向け年次イベントAccelerate’19において、開発の折りたたみ画面ノートPCを披露しました。

ThinkPad X1シリーズでの発売を予定しているというこの端末、開くと13.3インチのタブレット状になるWindows PC。チップセットはintel製とだけ明かされています。

完全に開いて使うほか、半分開いてノートPCのように使うことも可能。タッチパルとスタイラス操作にも対応しており、下側画面にソフトキーボードを表示しての入力ができます。

このスタイルで使う場合m、画面サイズはおよそ9.6インチとなります。

1日持つバッテリーを搭載し、重さは2ポンド(約907g)以下を目指しているとのこと。発売は2020年を予定しています。

ディスプレイ上でのキーボード入力が、さほど快適ではなさそうですが、モバイルPCの一つの理想形になりそうな気もします。

(source Lenovo)

back to top