Wi-Fiも使える低価格なE-Ink手書きデバイス「MobiScribe」、Indiegogoでキャンペーン中

4096段階の筆圧検知にフロントライトも搭載

E-Inkな手書きデバイス、MobiScribeがIndiegogoでキャンペーンを行っています。

手書きができ、保存やPCとの同期ができるデバイスとしては、SonyのデジタルペーパーDPT-CP1や同じハードのFCCL 電子ペーパー、Androidを搭載したBOOX NOTEなどがありますが、価格はいずれも6万円程とかなり高め。

それに対してMobiScribeはIndiegogo価格で219ドル、予定市販価格が299ドルと休めなのが特徴です。

画面は6.8インチ 1440×1080(265DPI)で、Kindle Paperwhiteのようにフロントライトを搭載。暗い場所でも利用できます。

PDFをテンプレートとして読み込むことも可能。PDF内のリンクが動作するかまではわかりませんが、使い道は広がりそうです。ちなみに、スタイラスは4096段階の筆圧に対応しています。


Wi-Fi対応しており、ファイルはDropBoxに直接保存が可能とのこと。また、Androidで動作しており、アプリのインストールも行えます。

ただし、Androidのバージョンは4.4.4とかなり古め。開発チームによると、このバージョンが安定していて使いやすいのだとか。通常のAndroid端末として利用するわけではないので、セキュリティも問題ないとしています。

Androidのバージョンが古く、そもそもGoogle Playが使えないのですべてのAndroidアプリがインストールできるわけではありませんが、Kindleは利用できるようです。

その他の仕様としては、RAM1GBにストレージ8GB、microSD(32GB)に対応。バッテリーは1500mAhでUSBポートはmicroUSB。

出荷予定は5月となっているのですが、490ユニットはすでに完成し、2月から出荷が開始されるとのことです。

(source Indiegogo)

back to top