GPD WIN2のゲームパッドをPS4のリモートプレイで使う方法

若干本末転倒感はあるけど、一応使えます

GPD WIN2

以前、初代GPD WINを使ってPlay Station 4のリモートプレイを行う方法という記事を書いたのですが、WIN2でもやろうかと思ったら、その時に紹介した「Remote Play PC」が現在ダウンロード不可となっていました。

代わりに何か手はないかと思って調べたところ、一応、なんとかなったので紹介したいと思います。

公式のPS4リモートプレイをインストール

まず前提として、PS4公式のリモートプレイソフトをインストールしておく必要があります。

ただし、そのままだと、インストール時に解像度が1280×768以上必要と言われ、エラーになるはずです。なので、インストールするときだけ外部モニターにつないでこれを回避します。インストールさえしてしまえば、WIN2の標準解像度でも使用可能です。

公式ツールをインストールするならこれだけでいいのではと思いますが、残念ながらこのツール、PS4の専用コントローラー DualShock4が必須となっています。つまり、GPD WIN2にインストールしてもWIN2のゲームパッドは使用できません。

これでは意味がない。ということで、公式のPS4リモートプレイを使いつつ、WIN2のゲームパッドを利用できる方法が下記になります。

TMACDEVのREM4P

使用するのは、以前Remote Play PCを販売していたのと同じ、TMACDEVのREM4Pというアプリです。12ポンドの有料アプリですが、Remote Play PCを購入していれば、無料でダウンロードも可能です。

簡単に説明するとキーボードやマウス、他のコントローラーの入力をDualshock4にマッピングしてしまうというもの。これを使えばGPD WIN2のゲームパッドでPS4リモートプレイが使えます。

ただし!このソフトを使うにはDualShock4が必須となります。

矛盾した話のように感じますが、もともとはFPSなどをキーボードやマウスで精密に操作可能にするためのもの。とりあえずPCにDualshock4は接続しますが、実際に触れることはありません。

なお、Dualshock4の接続は有線、もしくは専用のUSBワイヤレスアダプターを使用する必要があります。要するに、そのままPS4リモートプレイで使える状態です。

これをやるなら、そのままDualSock4でプレイすればいいのではとも思わなくはないのですが、ソファーやベッドで寝ころびながらプレイするには、やっぱりGPD WIN2のゲームパッドを使いたいところです。

REM4Pの設定方法ですが、まず、右上のSelectから、インストール済みのPS4リモートプレイのEXEファイル(RemotoPlay.exe)を選びます。

次に、左側のジョイスティックのアイコンを選び、コントローラーのマッピングを行います。このとき、ウィンドウがやたら大きく表示されたりする場合は、右側の歯車アイコン(App Setting)を選び、UI Scalingを調整してみてください。

マッピングに戻りますが、デフォルトでキーボードとマウスの設定が入っていますが、それは無視して画面下の真ん中のアイコン(New Mapping)を選びます。

すると、左側にDPAD Right、右側にBind toとの表示が現れます。この左側に表示されているのが、DualShock4の各ボタンです。

Bind toを押すとキーの入力待ちになるので、GPD WIN2をゲームパッドに切り替え、対応するキーを押すとマッピングされます。この操作を繰り返してSualShock4のすべてのキーをマッピングさせます。

という設定済みのファイルがこちら。メニュー上部のインポートから読み込めば反映されるはずです(インポート後、左上のプロファイルをgpdwin2に切り替えてください)。なお、PSボタンをXBOXボタンに割り当てていますが、これは変更したほうがいいかも。

REM4PからPS4リモートプレイを起動

REM4Pを使う場合、PS4リモートプレイはREM4P上から起動します(下部のLaunchをクリック)。

あとはGPD WIN2のゲームパッドから操作が可能になっているはずです。操作が上手くいかない場合は、Ctrl + Altを押してみてください。押すたびにフォーカスがREM4PとPS4リモートプレイで切り替わります。REM4P側にフォーカスがないとゲームパッドからは動かせません。

Remote Play PCの後継アプリが間もなくリリース

Dualshock4は長めのUSBケーブルかUSBワイヤレスアダプタを使えば、さほど邪魔にはならないはず。それでも以前のRemote Play PCのように接続しなくても使えるようにしたいもの。

そんな要望をかなえてくれそうなRemote Play PCの後継アプリ、REPL4Yが間もなくリリースされるそうです。Dualshock4の接続が不要なだけでなく、インターネット経由でのPS4接続にも対応するとか。外出先から家のPS4にアクセスしてリモートプレイをすることも可能になります。

とりあえずはREPL4Yのリリースを心待ちにしつつ、REM4Pでぼちぼちと遊んでみようかと思っています。

back to top