GPD Pocket 2のCPUが第8世代m3-8100Yに変更。購入時には仕様の確認を

先行購入した人、もやもやしそう……

国内量販店でも発売されているGPD Pocket 2ですが、CPUをm3-7y30からm3-8100Yに変更するとの発表がありました。これからIndiegogoで注文する分に関しては新CPUになるとのことです。これに伴い、Indiegogoでの価格が673ドルと少し値上がりしています(前は639ドルだった?)。

m3-7y30とm3-8100Yは、第7世代と第8世代といった違いがあり、動作クロックも1.0GHzから1.1GHz、ターボブースト時は2.6GHzから3.4GHzへとスペックアップしており、動作速度の改善は期待できそうです。

▲左がm3-7Y30、右がm3-8100Y

価格が多少上がっているとはいえ、先行して購入した人にとっては、複雑な思いが残るかもしれません。

おそらく在庫分もあり、国内では当面m3-7Y32版が流通すると思いますが、今後購入時には、CPUがどちらのモデルなのか確認したほうが良さそうです。

(source Indiegogo)

back to top