Google、USB-C+NFCのTitanセキュリティキーを発表

USB-CタイプにLightningアダプターを付けてくれればいいのに

GoogleがUSB-C+NFCの新しいTitanセキュリティキーを発表しました。これに合わせて、Googleストアで販売するセキュリティキーのラインアップを変更。今後はUSB-A+NFC、USB-C+NFCの2つのみとなります。

Googleではこれまで、USB-Cタイプのほか、Bluetooth対応のセキュリティキーも扱っていました。ただし、こちらに関してはセキュリティキー大手のYubicoから、セキュリティ的に問題があると指摘されている状態でした。

今回、このBluetoothタイプがなくなるわけですが、USB-CタイプもNFCに対応したことで、2つのモデルだけでほとんどのデバイスをカバーできるという考えのようです。

なお、USB-CのiPadにはUSB-Cタイプのセキュリティキーが使えますが、Lightningの場合は困りもの。その場合、USB-A to Lightningアダプタが利用できるUSB-Aタイプがお勧めとのこと。

※当初、アダプタが付属すると書きましたが、付属しているわけではありませんでした。

新しいUSB-C+NFCのセキュリティキーは、米国では8月10日に35ドルで発売。おそらく日本でも販売されるものと思います。

Source: Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。