Google Fitがアップデート、運動の目安となるハートポイントを導入へ

No Pain, No Gain (苦労なくして、得られるものはない)

Googleが同社のフィットネスアプリ「Google Fit」のアップデートを発表しました。

歩数や運動時間の計測等、基本機能は変わりませんが、アプリのUIが大きく変わっています。また、アメリカ心臓協会(AHA)、世界保健機構(WHO)とも協力し、Google Fitにハートポイントという指標を追加しています。

運動はただすればいいというものではなく、効果を得るには相応な負荷が必要です。これまでのGoogle Fitでは運動時間や歩数、距離、などを記録できたものの、それが適度な運動だったのかは一目では分かりずらい物でした。

これに対しハートポイントは、犬の散歩など適度な運動であれば1ポイント、ランニングなど心拍数があがる少しハードな運動であれば2ポイントといった感じで加算されるもの。

Googleによると、週に5日、ペースを早めたウォーキングを1日30分行うとAHAやWHOが推奨する運動量を達成できるとのこと。画像を見ると、1日20ポイントが目標のようです。

このGoogle Fitのアップデートは今週から随時展開されるとのことです。

(source Google)

back to top