Googleフォト、6月1日からのポリシー変更に先立ちいくつかのアップデートを発表

アップロードしっぱなしで特に管理していないけど、Google Oneも加入しているので当面大丈夫そう

Googleフォトの無料アップロードが5月いっぱいで終了し、6月1日からは圧縮した「高画質」設定でもストレージ容量を消費するようになります。これに先立ち、Googleフォトアプリにいくつかのアップデートが発表されています。

まず、「あとどれくらいGoogleフォトにアップロードできるだろうか?」を見積もってくれる見積り機能が追加されます。Googleフォトへのバックアップ頻度をもとに、これからあと何日くらいは使えるのかを推測し教えてくれます。

また、ストレージの空き容量を増やすため、ぼやけた写真やスクリーンショット、サイズが大きな動画など、削除対象となりえるコンテンツを提案する機能も追加されます。

最後に、ストレージオプションをわかりやすくするため、高画質設定の名称を「ストレージセーバー」に変更するとのこと。確かに、「高画質」だと圧縮されているとは思わないので、これはわかりやすくて良さそうです。

なんにしろ、Pixelからの高画質設定でのアップロードは、従来通り無料で行えます。それ以外の場合は、6月1日までにアップロードしておけば容量にはカウントされないので、まだバックアップを行っていないものがあれば忘れずにアップロードしておいた方が良さそうです。

Source: Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。