カテゴリ:モバイル

Googleマップ、有料道路の料金表示に対応

そんなことより、めっちゃ細い道を案内しないようにしてほしい

Googleは4月5日(現地時間)、Googleマップにて有料道路の料金表示や、iOSアプリのアップデートなどいくつかの機能変更を発表しました。

Googleマップで有料道路の料金表示

ナビゲーションを開始する前、経路選択の時点で目的地までの推定通行料金が表示されるようになります。もちろん、これまでも対応していましたが、有料道路を使わないルート検索も可能です。

この機能、今月からAndroidとiOSのGoogleマップで、米国、インド、日本、インドネシアで提供されるとのことです。

より詳細な道路表示に対応

Googleマップのナビゲーションに、信号機や一時停止の標識などを追加されるほか、建物の輪郭なども表示されるようになるとのこと。一部の都市では道路の形状や幅など、さらに詳細な情報が表示されるとのことです。

ルート上の信号表示はすでに対応していた気もしますが、一時停止標識などは便利かもしれません。この機能は、Android、iOS、Android Auto、CarPlayで今後数週間のうちに一部の国に展開を開始するとしています。

iOS版のアップデート

iOS版では、ウィジェットを使用してホーム画面からGoogleマップにアクセスしたり、Apple Watchからナビゲーションが利用可能になるとのこと。また、GoogleマップがiOSのSpotlight、Siri、Shortscutsアプリに統合され、Siriから直接Googleマップの経路検索ができるようになるとのこと。この機能は今後数か月で提供されるとのことです。

Source: Google