Googleドライブの新デスクトップ向けアプリ発表。「バックアップと同期」が企業ユーザー向け機能と統合

個人ユーザーは便利になりそう

Googleは7月12日(現地時間)、GoogleドライブのWindowsおよびmacOS向け新デスクトップクライアントをリリースしました。といっても現在はWorkspaceアカウント向けに提供されていたドライブ ファイル ストリームの名称が変わっただけになっています。

Googleドライブのデスクトップ向けアプリとしては、現在は個人ユーザー向けに「バックアップと同期」、Google Workspaceユーザー向けに「ドライブ ファイル ストリーム」の2つがリリースされています。この2つ、機能的に大きく異なっている部分があり、例えば、ドライブファイルストリームでは、写真などをGoogleフォトに自動アップロードする機能がありません。代わりに、Googleドライブのファイルをローカルにコピーすることなく仮想ドライブから利用できます。また、特定のファイルのみローカルにコピーもできます。

新アプリでは、個人ユーザー向けとWorkspaceユーザー向けの機能を統合し、どちらのユーザーも同じ機能を利用できるようにするとのことです。

ただ、現在はアプリの名称が変わっただけで、機能的にはドライブ ファイル ストリームと変わっていません。個人ユーザーでも利用可能で、いまのところバックアップと同期と共存も可能です。

今後数週間で、バックアップと同期のユーザーに新アプリへの移行を促す通知が表示されるとのこと。おそらくそのタイミングで、新アプリにバックアップと同期の機能も追加されるのでしょう。

Source: Google, Google One ヘルプ

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。