Galaxy Note10/Note10+発表。日本語サイトも公開済み

日本は10月でしょうかね。SIMフリーで出してほしいところです

ニューヨークで開催されたUnpackedイベントで、Galaxy Note10とNote10+が発表されました。

Noteシリーズとして初めての2モデル体制となり、Note 10は6.3インチ 2280×1080、Note 10+は6.8インチ 3040 x 1440。画面サイズだけではなく、背面カメラにも差異があります。Note10+は16MP(超広角)+12MP(広角)+12MP(望遠)のトリプルカメラに加えて、深度測定用のデブスビジョンカメラを搭載。Note10ではこれが省かれています。

また、RAMもNote10+が12GBなのに対して、Note10は8GB(5Gモデルは12GB)です。

それ以外はほぼ共通。そんなNote10/Note10+とNote9の仕様を比べると下記のような感じです。

仕様Note9Note10Note10+
ディスプレイ6.4インチ6.3インチ6.8インチ
解像度2960 x 14402280 x 10803040 x 1440
サイズ161.9 x 76.4 x 8.8mm151.0 x 71.8 x 7.9mm162.3 x 77.2 x 7.9mm
重さ201g168g196g
SoCSnapdragon 845
Exynos 9810
Snapdragon 855
Exynos 9825
Snapdragon 855
Exynos 9825
RAM6GB/8GB8GB/12GB(5G)12GB
ストレージ128GB/512GB
microSD(最大512GB)
256GB256GB/512GB
microSD(最大1TB)
リアカメラ広角: 12MP(F1.5/F2.4)
望遠: 12MP(F2.4)
超広角: 16MP(F2.2)
広角: 12MP(F1.5/F2.4)
望遠: 12MP(F2.1)
超広角: 16MP(F2.2)
広角: 12MP(F1.5/F2.4)
望遠: 12MP(F2.1)
デプスビジョン
フロントカメラ8MP(F1.7)10MP(F2.2)10MP(F2.2)
バッテリー4000mAh3500mAh
4300mAh
防水防塵IP68IP68IP68

また、本体だけではなく、Sペンも大きく進化しています。

見た目はそのままですが、加速度センサーを搭載してジェスチャー操作が可能になりました。Sペンを回転させてカメラを切り替えたり、左右フリックでギャラリーの移動、上下フリックでボリューム調整などが可能です。

Note10、サイズ的にはGalaxy S10にかなり近いのですが、解像度が落とされるなど廉価版的なイメージです。Sペンでメモを取ることを考えると、大きいNote10+のほうが良さそうです。でも買うなら小さいNote10かな。

ただ、日本での発売は10月以降になると思いますが、10月1日からは電気通信事業法の改正により割引が最大2万円に制限されます。

Note8の2年縛りが終わるので、Note10を購入したいところなのですが、あまりキャリアで買うメリットもなさそうです。SIMフリーで出してくれるのが一番なのですが……。

(source Samsung, 日本語サイト)

back to top