Galaxy Note10 Lite、電源の入った実機画像が流出

廉価版とはいえ、Note9相当の仕様で7万円前後になるようです

これまで、公式画像とされるものを含め、多くの情報が流出しているGalaxy Note10 Liteですが、今度は電源が入ったその実機画像とされるものがTwitterで投稿されています。

投稿したのはテック系YouTuberのTechTalkTV。描いている様子はわかりませんが、Sペンも含めて投稿されています。

Galaxy Note10 Liteのリークしている仕様をあらためて確認しておくと、ディスプレイサイズは6.7インチで解像度は2400×1800のOLDを採用。周辺に丸みはなく、フラットなデザインになっているようです。ベゼルが細いハイエンドなNote10に対して、ベゼルはやや太く、この辺りがLiteっぽい感じです。

SoCはGalaxy Note9に搭載されていたExynos 9810、RAMは6GBとのこと。バッテリー容量が4500mAhでワイヤレス充電に非対応。指紋センサは画面内蔵で、3.5mmも搭載するようです。

背面カメラは2020年に流行る兆しが見えているiPhoneやPixelと同じく四角いフレームに収められており、12MP+12MP(超広角)+12MP(望遠)の組み合わせ。パンチホールなフロントカメラは32MP。

価格は600ユーロ前後(約7万3000円)前後。欧州で1月に発売と予想されています。

(via PhoneArena)
(source TechTalkTV(Twitter))
(coverage winfuture)

カテゴリ:モバイル