出先でちょっとだけ充電を実現する「Finger Pow」

面白そうだけど、出力次第かなぁ

転ばぬ先の杖として、あると便利なモバイルバッテリー。最近は性能も向上し大容量でもだいぶ小型になってきたとはいえ、スマートフォンと同じくらいに大きいのが普通です。気軽にポケットに入れて持ち運ぶというわけにはいきません。

しかし、そんな不便を解消できるかもしれないモバイルバッテリー「Finger Pow」がクラウドファンディングのGreen Fundingに登場しました。

一言で説明すると、分離して使えるモバイルバッテリー。1つ600mAhのモバイルバッテリーが4つあり、それぞれ独立して利用可能。スマートフォンには、マグネット式の端子で接続します。

外出先でスマートフォンをフル充電する必要はなく、モバイルSuicaを利用したいけどバッテリーが……とか、いますぐメールチェックしたいのに……という場合に役立ちそうです。

複数のFinger Powを接続して容量を増やすこともできます。

なお、Finger Powを充電するバッテリーベースも5000mAhのバッテリーを内蔵しており、モバイルバッテリとして利用可能。バッテリーベースが充電されていれば、電源を接続しなくてもFinger Powを充電できます。

出力が4.35Vと低め(電流は不明)なので端末によっては充電できないこともありそうですが、iPhone 6s/7/8は使えるようです。

現在の最低出資額は7984円から。上手くいけば2019年3月下旬に出荷予定となっています。

(source Green Funding)

back to top