FeliCa搭載の3型端末Jelly 2が3月5日に国内販売開始

意外と安かった

FeliCaに対応した3.0インチ小型端末Jelly 2が、国内向け一版販売を開始します。価格は219.99ドル(約2万3000円)。すでに予約は開始しており、3月5日から順次発送するとのことです。

Jelly 2は、3.0インチ 854×480の小型端末。UnihertzはこれまでもJelly ProやATOMなどの小型端末を発売していますが、Jelly 2はその最新端末。日本向けにFeliCaを搭載しているのが大きな特徴です。

もともとKickstarterでクラウドファンディングを実施していましたが、その後、国内向けにはCAMPFIREでもクラウドファンディングを実施。もともとは2020年内に発送予定でしたが、税関でのトラブルがありスケジュールが若干遅延していました。

FeliCa非搭載の海外版は、先行して一般販売を開始していましたが、FeliCa搭載版に関しては、クラウドファンディング分の出荷が終わってから販売を開始するとしていました。中国メーカーは、クラウドファンディング分の出荷よりも早く一般販売を開始する(現金をすぐに得られるため)ことがよくあり、たびたび非難されています。その点、Unihertzの対応は評価したいところです。

肝心の仕様ですが、SoCはMediaTek Helio P60で、RAM6GB、ストレージ128GB。指紋センサは背面に搭載。防水には非対応です。

デュアルSIMにも対応しており、メイン端末としてもつかえないこともないです。通話はネットでは利用しなくても、おサイフ代わりに持ち歩くというのはありかもしれません。

カテゴリ:モバイル