Facebook MessengerがGoogle Playで50億回インストール達成。Googleアプリ以外では3つ目のアプリに

GoogleとFacebookしか達成していない記録

これまでに、Androidには数多くのアプリが登場しており、いくつものアプリが10億インストールを達成していますが、50億回を超えたアプリはまだ多くはありません。そんなインストール50億回超えをFacebook Messengerが達成しました。

50億回を超えたアプリとしては、Messengerが14番目。そのうち11個はYouTubeやGoogleマップ、GmailなどのGoogleアプリ。そして残りの3つが2019年のFacebook、2020年のWhatsApp、2021年のMessengerとなります。ようするに、GoogleとFacebookしか達成していないことになります。

Google Playのインストール数表示は、10億回の次が50億回なので、TwitterやInstagramなどの人気アプリが、どの程度迫っているのかは定かではありませんが、時間とともに50億回を達成するアプリも増えてくるのでしょう。その壁を越えられるかどうかで、デファクトスタンダードになったかどうかが測れるようになるのかもしれません。

Source: Android Police

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。