BlackBerry復活、2021年に物理キーボードを備えた5G端末を欧州で発売

縦長液晶以外でお願いしたい

TCLとの契約終了で、端末事業からは撤退するかと思われたBlackBerryですが、あらたに米スタートアップのOnwardMobilityと提携。OnwardMobilityが2021年前半に、物理キーボードを備えた5G端末を北米と欧州で発売すると発表しました。

OnwardMobilityが製品計画と市場開発を行い、Foxconnの子会社であるFIH Mobileがデバイスの設計、製造を担当します。

「物理キーボードを搭載する5G対応のAndroidスマートフォン」以外の情報はありませんが、OnwardMobilityのCEO、Peter Franklin氏は「日常的なデバイスであること」を重視しているとのこと。それは、一流のカメラや日常使いの端末に期待されるスペックを意味するのと同時に、競争力のある価格設定になるともしており、ミドル~ハイミドルな端末になるようです。

はたしてどのような端末が登場するのか、期待したいところですが、私個人としては、縦長液晶に物理キーボードは不釣り合いだと思っています。できたら、往年のBlackBerry Boldのようにアスペクト比4:3くらいの横長ディスプレイになってくれたら……と思っています。むしろ、BlackBerry Bold 9790の筐体にAndroidを入れてくれたらそれで満足です。

ともあれ、今後出てくるであろう追加情報を楽しみにしていたいところです。

via: The Verge
source: OnwardMobility

カテゴリ:モバイル