Anker、Android TV搭載のメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」発売

HDMIケーブルが別なのは、TVにぶら下げなくていい分、Chromecastよりスッキリするかも

Ankerは10月6日、スマートプロジェクターブランドのNebulaから、初のメディアストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売しました。価格は8980円ですが、Amazonでは初回セールで7980円となっています。

Nebula 4K Streaming Dongleは、Android TV 10を搭載するメディアストリーミング端末。NetflixやYouTube、Prive Videoをはじめとした7000以上のアプリを利用可能。

4K(75fps)、UHDの高解像度出力やHDR、Dolby Digital Plusにも対応します。また、Chromecastにも対応しており、スマートフォンからキャストも可能です。ようするに、Chromecast with Google TVのAnker版といった製品です。

本体側ポートがmini HDMIですが、HDMI to mini HDMIケーブルが付属。残念ながら電源ポートはmicroUSBですが、こちらもケーブルと充電器が付属しています。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。