Android版Twitter、ようやくダークモードの自動切換えに対応

全体的にAndroid版は後回しになりがち

Twitterは10月13日、Android版アプリにおいて、ようやくダークモードが端末設定に連動するようになったと発表しました。この機能、iOS版では2019年には実装されており、なぜかAndroid版のみ放置されていました。

ダークモード自体は以前から使えたものの、これまでは手動でのON/OFFのみが可能。例えば端末の設定でダークモードを有効にしていても、TwitterでOFFにしていればTwitter上では白い表示のままとなっていました。

手動でのON/OFF自体はこれまで通りにできますが、あらたに「端末の設定を使う」という項目が追加され、これを選ぶと端末の設定に連動してダークモードが切り替わります。

Source: Twitter

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。