スマホ用エアクッション「ADcase」、Kickstarterで出資募集中

目標額が高すぎたようです

以前に話題になった、スマートフォンの落下を検知すると四隅からダンパーが飛び出し、衝撃を吸収するスマートフォンケースがKickstarterに登場しました。

ケースに加速度センサを内蔵しており、自由落下を検知するとダンパーを展開する仕組み。このためケース内にはワイヤレス充電できるバッテリーが内蔵されています。

どれぐらいの高さからの落下なら反応するのか、具体的には示されていませんが、動画を観る限りでは、手を離すと割とすぐにダンパーが展開しているようです。

なお、ケースはiPhone 6,6s,7,8用とiPhone X,XS用の2つ。6~8 Plus用は75万€以上集まった場合のストレッチゴールに設定されています。

ただ、そもそもの目標が55万ユーロ(約7000万円)に設定されているのですが、プロジェクト開始から1日以上経過したところで、集まっているのは約300人、1万8000ユーロ(約240万円)ほど。

明らかに目標を高く設定しすぎており、おそらくこのプロジェクトは、目標未達で終わるのではないかと思います。その後に目標額を下げて再登録といったところでしょうか。

一応、出資額は50ユーロ(約6400円)から。上手くいけば2019年7月から出荷予定となっています。

(source Kickstarter)

back to top