スマホで撮影した写真、9割近くがスマホ内で管理。MMD研究所が調査結果を発表

クラウドサービス、全然普及してなかった

スマートフォンで撮影した写真は、89.5%の人がスマートフォン本体で管理している。そんな調査結果をMMD研究所が報告しています。

調査によると、スマートフォンで撮影した写真のデータは、スマートフォン本体で管理するという人が89.5%でダントツ。次いでMicroSD、PCなどとなっており、クラウドで管理するのは26.8%と意外と少ない印象です。

スマートフォンのストレージが一杯になってしまったらどうするのだろうと思ったら、必要なくなったデータを削除したり、似た写真の中から良い物だけを残したりしているようです。

いくら整理するとはいえ、当然、保存できる枚数には限りがありますが、やはりスマートフォン本体で管理している人は枚数が少なめな結果です。

多くの人はクラウドストレージで写真を管理している、と勝手に思い込んでいたのですが、まだまだ普及しているとは言えない状況の様子。そもそもクラウドを使わずに、他の端末で撮った写真を見たくなったらどうするのだろうとも思うのですが、多くの人は複数のスマートフォンを所有していないのかもしれません。

そのほか、プリントサービスの利用有無なども調査されているので、詳しくはMMD研究所のサイトでご確認ください。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。