8型UMPC「GPD Pocket 3」がクラファン開始

モジュールの魅力をあまり感じないのだよなぁ

Indiegogoにて、8インチUMPC「GPD Pocket 3」のクラウドファンディングが開始されました。現在の価格はCore i7-1195G7のハエインドバージョンが11万3562円、Pentium Silver N6000のベースバージョンが7万3895円から。

GPD Pocket 3は、Pocketシリーズではありますが、エンジニア向けのGPD MicroPCによく似たスタイルの小型PC。8インチ 1920×1200のディスプレイは首部分が回転し、タブレットスタイルでの利用も可能です。

キーボード右上にタッチパッド、左上にマウスボタンを搭載するのはMicroPCと同じです。

TPM 2.0をサポートしており、Windows 11のインストールも可能とのこと。見た目的にはゲーミングモデルではありませんが、Core i7-1195G7のハイエンドバージョンなら、ゲームもそれなりに動きそうです。

そんなGPD Pocket 3の一番の特徴は、背面のモジュールシステム。背面向かって右側のポートがモジュール化されており、USB-Aのほか、RS232Cとキーボード、マウス、ディスプレイを接続するKVMに交換可能となっています。

モジュールの種類がこれだけだと、あまり魅力を感じませんが、今後別のモジュール(たとえば追加のUSB-Cや拡張ストレージなど)が出てくるのかどうかが気になるところです。

Source: Indiegogo